So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月2日の「薬事・食品衛生審議会薬事分科会血液事業部会運営委員会」で、新型インフルエンザ感染の疑いや確定診断による血液製剤の回収を取りやめることを決めた。日赤が感染の疑いにより確保または回収した579人の血液を検査したが、ウイルスが検出されなかったため、血液から感染する可能性はほぼないと判断した。

 日赤では、昨年6月3日から今年1月3日に、献血後7日以内に新型インフルエンザと診断(疑い含む)されたため、579人の血液を血液製剤の原料になる前に確保したか、血液製剤を医療機関から回収した。これらについて検査した結果、すべて陰性だった。579人のうち、10人は献血した当日に、74人は翌日に新型インフルエンザと診断されていた。
 日赤の担当者によると、季節性インフルエンザの場合は血液から感染することはほぼないが、強毒性の場合はエビデンスがないという。

 厚労省では、献血後7日以内に新型インフルエンザと診断されたことが判明した場合、その血液を血液製剤の原料にしないことや、未使用の血液製剤を医療機関から回収することなどを、昨年5月18日に日赤に要請していた。今回の決定は、豚由来のH1N1について今後適用する。別の新型インフルエンザが将来発生した場合には、改めて検討する。


【関連記事】
新型インフル疑い患者から採血せず―厚労省
新型インフルで血液製剤回収、昨年64件
献血後に新型感染判明、日赤が血液製剤を回収
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤
新型インフル時、献血者数が計画割れ―兵庫・大阪

<掘り出しニュース>被告が法定で読経 裁判長「だいたい合ってるね」(毎日新聞)
<新幹線>新青森行き「E5系」愛称公募スタート 「はやて」に替え(毎日新聞)
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚−東北大(時事通信)
センター責任者ら3人を書類送検=JAもみ殻庫の死傷事故−秋田県警(時事通信)
つきまとい容疑で富山県警警部補逮捕=路上で女子高生に−石川県警(時事通信)

5歳女児にわいせつ行為容疑=元幼稚園教諭を再逮捕−福岡県警(時事通信)

 女児(5)にわいせつな行為をしたとして、福岡県警などは2日、強制わいせつ容疑で、同県糸島市二丈深江、元幼稚園教諭古川敬太容疑者(24)=児童買春・ポルノ禁止法違反罪で起訴=を再逮捕した。
 逮捕容疑は2008年5月と昨年3月、県内を走行中の車内で女児の体を触るなどした疑い。
 県警少年課によると、同容疑者は当時、幼稚園の正規職員だった。容疑を認めているといい、同課は余罪についても調べる方針。 

【関連ニュース】
男児の裸撮影、保育士逮捕=「好奇心から」と供述
元格闘家を逮捕=女性の体触った疑い
高校生2人、痴漢取り押さえる=150メートル追跡
被害者支援のあり方研修=児童ポルノで初めて
強制わいせつ罪で警部を追起訴=弁護人は「潔白」主張

知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕−奈良地検(時事通信)
総理大臣賞に金沢・東浅川小=マイタウンマップ・コンクール(時事通信)
半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈の差」−外務省有識者委(時事通信)
岡義達
野口さん帰還、6月に=ソユーズ移設作業も(時事通信)

二次医療圏見直しで検討会設置へ―長妻厚労相(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は3月1日の衆院予算委員会分科会で、二次医療圏を見直す必要があるとし、2010年度に検討会を設置する方針を示した。阿部俊子氏(自民)の質問に答えた。

 長妻厚労相は二次医療圏について、「見直す必要があるとの意識は持っている」とした上で、10年度に検討会を設置すると述べた。さらに、「来年度中には二次医療圏のあり方も含めて、医療計画制度全体についてどうすべきか、という議論も開始していこうと考えている」とした。


【関連記事】
人口当たり医師数に16.4倍の地域差―日医総研
【中医協】診療報酬上の地域への配慮、次期改定は見送り
地域医療再生に向け財政補助―厚労省
医療計画見直しに向け検討会設置へ―厚労省
救急・周産期医療の支援に重点―医政局予算案

立松和平さんを偲ぶ会 27日に青山葬儀所で(産経新聞)
自民が審議拒否の方針、小沢氏国会招致求め(読売新聞)
小沢氏、政調復活に応ぜず=政策会議を機能強化(時事通信)
「女性の声に癒されたかった‥」 フリーダイヤルに無言電話200回の男逮捕(産経新聞)
企業・団体献金の早期禁止を 民主に弁護士ら要望(産経新聞)

小笠原諸島の南鳥島に津波第一波、10cm(読売新聞)

 南米チリ沖で27日早朝(日本時間27日午後)に発生した地震で、気象庁は28日午後0時43分、小笠原諸島の南鳥島で、国内の観測点としては初めて津波の第一波を観測したと発表した。

 観測された波は高さ10センチの微弱な押し波だが、津波は第1波より後の方が高くなる傾向があり、遠隔地で発生した地震を起因とする津波は、今後も続くとして、同庁では引き続き、厳重な警戒を呼びかけている。

 同庁は同日午前9時33分、日本の太平洋沿岸部全域で1〜3メートルの津波が発生する可能性があるとして、青森県から宮城県までの太平洋沿岸に大津波警報を発表、そのほかの太平洋沿岸部と島嶼部、青森県の日本海側に津波警報を発表している。

宗方勝巳
市橋被告の整形逃走→警察庁が美容外科と協定(読売新聞)
関東地方で「春一番」 九州北部、四国、中国地方でも(産経新聞)
<みんなの党>参院茨城選挙区で新人擁立(毎日新聞)
厚労元係長「自分一人で全部実行」 村木元局長の指示を否定(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。